タグ:蛇

9C6B605F-03CF-4111-AD82-55453B25FD85

こんばんわ!
ヘビイチゴです!
ブエナ〜★

ご存知の読者さんも多いですが
我が家には犬、猫、外国人の他に
蛇もいます(*´◒`*)

リンダちゃんの話も見たいです!
って言ってくれる方が
いらっしゃるので
たまに4コマに登場しますが

頻度が低いのは彼女、
脱走以外のイベントは起きないので
ネタがないんですよね!(笑)

脱走も私が鍵閉め忘れない限り
ケージぶっ壊しでもせにゃ
リンダは出れないので…

ないよね〜(笑)

爬虫類という生き物は
定期的に脱皮をして
成長していきます。

トカゲも長年飼ってました。
トカゲも脱皮します。

世間一般的には
つるんと脱げるイメージが
あるかもしれませんが

そんな事はなく。

何日も前から準備が始まり、
目や体が磨りガラスのように
白く曇り始めると脱皮が近いサイン。

その後、一旦曇りが取れ
元のような体色に戻って、
数日後には皮を脱ぎ捨てます。

爬虫類の脱皮の範囲は
目、耳や鼻の中、肛門、
殆ど全身で、

蛇の場合は頭から。

出っ張りや
上手く引っかかる部分を探して
頭を擦り付け、皮を破いて

分かりやすく例えると
ルーズソックスを
爪先に引っ掛けて
裏返すようにお着替えする感じです。

蛇は手足ないですから、
頭から尻尾の先まで
いかに破かずに脱ぐかが重要。

皮とボディの隙間に
潤滑剤的な(汗的な)ものが
出ているのかもしれないけど
(脱ぎたて、結構臭い)

何にせよ
湿度が足りないと
途中で皮が乾いてしまって破れたり
ボディにくっついて
取れなくなったりするので

我が家の場合、
リンダに脱皮の兆候が見られたら
気にしながら温度や
湿度の調節を行っています。

トカゲはまた少し違うんだけども。
 
その個体、種類によって
適した環境は全く違うので
特徴を観察したり
触れたり考えるのが大好きで

脱皮もどうやるのか、
どれくらい時間かかってるか
必要なものは何か
まめにチェックして
全部書き留めてる変人が私。

何度見ても
頑張れぇ〜!!頑張れぇ〜!!!って
応援したくなるくらい
すっごい頑張って脱ぐんです。

ゆっくり破れないように
少〜しずつ。
休憩を挟みながら。

自然界であれば
体力も削られているし、
外敵に襲われやすい瞬間だろうから

蛇的にも
つるる〜ん♪と脱ぐのが
理想なのかもしれません(笑)

リンダのこと数回描いてるけど
毎回脱皮の話してます。←

ネタがね…(笑)

あとはもう無精卵の話しかない。←
 
8年くらい毎回観察して
まだ飽きないんですよね、脱皮。 

蛇って素晴らしいな…と。

今回もちょっと画像
載せるか悩んで
入れてません( ;´Д`)
 
が。そんな感じで今日は
チャオしようと思います。 

因みに写真絵本オススメだよ!

蛇が大好きなお子さんには
いいかも( ^ω^ )

チャ〜オ〜★
 *:・。・:*:・。・:*:・。・:*
感謝!

↓動くよ↓

アニメ

また来てね★ 

ラインで読者登録が出来ます!  

更新が気になる方は  
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。 ・:*


rannku
 お願いします!     

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓  


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら  
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

13BD2B4B-0FAB-4EC3-8CBF-0BD54D8A0727

こんにちわ!!
ヘビイチゴです★
ブーエーナー( ´ ▽ ` )b

ちょいちょいコメントに
ありましたので 
今日は私の愛ヘビのリンダのとこを
書いていこうと思います!

爬虫類とか蛇とか
聞くだけで無理!って方は
どうぞ無理なさずUターンで
お願いします。

 さて、南米に飛ぶ前に
知人にお世話を託した
私の愛ヘビですが

現在は帰ってきております。
ご心配をおかけして
申し訳ありませんm(_ _)m

 4コマ通り、
我が家では爬虫類諸君の冬眠は
基本行わずに越冬しております。

爬虫類は変温動物であり
我々哺乳類のように
体内で発熱し自立的に
一定の体温を保てず

外界の温度に体温が左右されます。

簡単にいうと
外が40度ならヘビの体温は40度になり
10度になれば
ヘビの体温もそこまで下がる
ということ。

自然界のニョロたちは
 日向で体温を上げたり
日陰で下げたりして
体温調節を行っている訳です。

変温動物を飼う場合
これが出来るような環境を
まず整える必要がありまして

それが『爬虫類飼うのって
難しいんでしょ?』と言われる
要因の1つかと思います。

冬眠のメカニズムは
色々あると思いますが

餌が豊富で暖かくなる春まで
力を蓄えている、そんなイメージで
いいかと。。。

また、繁殖期も迎えますので
 冬眠をするっていうのは
季節を感じるのに大切な役割が
あるんだろう私は思っています。

爬虫類の世界に足を踏み入れてすぐは
繁殖にも興味ありましたし
まず上手く育てる事からと
勉強しましたが

現在は1代限りの命を
精一杯大事にしようと
過保護に育てています(笑) 

 色々と割り切れなくて。

爬虫類は犬や猫と違って
触れ合う動物ではないので
私がリンダに触るのは
掃除の時やお風呂に入れる時
くらい。

触り過ぎるとストレスで
餌を食わなくなるなんて事もあり

 この餌食わないっていうのは
下手すると死ぬまで食わない
(数ヶ月〜何年間) 
そんな事も割とあるので

私はもうほぼノータッチで
リンダに関しては
温度湿度管理、水交換、
温浴、掃除、ご飯
のお世話をただただ8年?9年くらい?
続けております(笑)

触っても10分ないくらいかなあ。

何が楽しいのって言われたら 
ちょっと解んないんですけど ←

なんか楽しい。
何より美しい。

それだけでいいの、
もう(笑) 
 
面白い事もしないですし

私的にバカウケの出来事も
ほかの人からしたら
なんのこっちゃ。なので 

ブログにかけることが
本当にないんですよね(笑)

リンダ元気です。 で
終わっちゃう。

まだまだベビーくらいに思ってましたが
気付いたら8年9年とかに
なるっていう。

寿命は長くて
20年くらいらしい?ので

20歳まで生きるとしたら
 あと11〜12年しかないの?

ぬおおおお(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

30歳くらいまで
頑張ろうね。
お母さん頑張る。

 というわけで
リンダさん、
まだまだ元気です!! 

そろそろ季節的にも
気温も上がってきて
今より活発に動くようになり
ブリブリ太ると思うので

ベストなコンディションの時に
画像載せますからね〜( ´ ▽ ` ) 

今年も拒食なく
ガツガツ食ってくれますように。

今日はそんな感じで…

また来てね。
チャオ★

1期間限定ヘッダー

:*:・。・:*:・。・:*


感謝!


↓動くよ↓


アニメ


また来てね★ 

ラインで読者登録が出来ます!  
 

更新が気になる方は  
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*


rannku

 お願いします!     

*:・。・:*:・。・:*:・。・:* 

↓↓ストリエも宜しく↓↓  

リンクバー 

*:・。・:*:・。・:*:・。・:* 

ブログの最初のページはこちら  

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↑このページのトップヘ