デブでオタクで独身だけど猫がいる!

趣味:酒 煙草 タトゥー。独身で南米出身のハーフがペットの猫犬蛇を心の支えに日々を生き抜く、孤独死まっしぐら系アラサー女 ヘビイチゴの絵日記。

タグ:映画

おはようございます!ヘビイチゴです🐍🍓久々に面白い映画を観たので本日は絵日記ではなくレビューです٩( 'ω' )و 以下、ネタバレを含みますのでネタバレを避けたい方はそっと閉じて頂けますようよろしくお願いします!今回見たのは2018年に公開されたファントム・スレッド ...
おはようございます!
ヘビイチゴです🐍🍓

久々に面白い映画を観たので
本日は絵日記ではなく
レビューです٩( 'ω' )و 

以下、ネタバレを含みますので
ネタバレを避けたい方は
そっと閉じて頂けますよう
よろしくお願いします!

今回見たのは
2018年に公開された
ファントム・スレッド
IMG_5001
数々の映画に出演し、
いくつものアカデミー賞に輝いた
憑依型名俳優である
ダニエル・デイ・ルイス
引退作品ということで。
上映中に行けなかったので
レンタルが出るのを楽しみに
しておりました。
個人的に好きな俳優さんです。

さて、本題へ参ります。
■映画のあらすじ
舞台は1950年代、戦後のロンドン。華やかな社交界で脚光を浴びていたドレスの一流仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、休息のために訪れた別荘地のレストランでウェイトレスのアルマに出会う彼女の完璧な体を愛したレイノルズは新たなミューズとして迎え入れ、共同経営者であり姉のシリルと3人で奇妙な同居を始める。やがて、自分を代わりのきくマネキンとしか見ないレイノルズの愛が欲しいアルマは彼の〝整然とした完璧な日々〟を変化させていく…

率直に面白かった!

華やかで美しい映像。
だけど恋や愛の甘い話ではなく
色気のある毒々しい映画
でございました。

あからさまなラブシーンは
一切ないのですが
視線や言葉や仕草に色気があり
そういうシーンがなくても
〝察することができる〟ほど
よ〜く仕組まれています。

カテゴライズは
ちょっと難しく、
ホラーやミステリアスよりの
ロマンス??

ですが内容の大半は
男と女の壮絶な主導権争いで
ロマンス…ロマンスあるけど…
って感じでしたね(笑)

FullSizeRender

レイノルズ・ウッドコック
天才的な仕立て屋で
彼の仕立てたドレスを着ることは
最高のステータスであり
全女性の憧れ。

母に習ったこの仕事と、
仕事を教えてくれた母を何より愛し
自身の服に遺髪を縫い込む等
母の亡霊にすがる独身貴族で

母亡き後、
母親代わりを務める姉シリルと共に
アトリエを構えており
ドレス作り以外は全て姉任せの
シスコン男でもあります。

実に自分本位の気難しい性格で
ルーチンを乱させるのを
酷く嫌います。

定期的にマネキン(兼愛人)を
入れ替えながら
姉と愛人と3人暮らしをしていて

古くなったマネキンに
ドレスを手切れ金として持たせ
家から追い出すと
休暇の際に立ち寄ったレストランで
ウェイトレスのアルマと出会い
お互いに一目で恋に落ちます。
FullSizeRender

この出会いがキッカケで
〝完璧な日常〟が
壊れていく事になるとも知らず
レイノルズはアルマを連れ帰り
いつも通り自宅に住まわせるように。

片田舎のウェイトレスだった彼女は
誰もが憧れる一流のドレスを
何着も仕立てて貰えることに
大きな優越感を覚え
最初こそは満足げでしたが

レイノルズは愛人を
ドレスの為に存在するマネキン
としか見ないので
当たり前のようにアルマの意見を
一切聞き入れませんし
一方的なルールを押しつけ
制限をかける。
FullSizeRender

彼の姉シリルの意見も絶対であり
恋人として迎え入れられた筈の自分は
事実上人形としての価値しか無く
一切の権利を与えられないことに
次第に不満を募らせます。

FullSizeRender
アルマは態度、言動、音、
全てにおいて主張の激しいタイプで
シリルの忠告も反対も押し切り
レイノルズのルーチンを壊すことで
〝愛〟を確かめようとしますが
当然拒絶されてしまう。

きっと彼が自分のことを
愛していれば受け入れられる筈だと
思っていたんでしょう。
FullSizeRender

激しい言い争いの末に
いつ捨てられ、追い出されても
おかしくないと悟ると
心、体、時間、
男の全てを一時的に支配しようと
思い立ち、行動を起こすのだけど
逆上した女の怖さが。
これは震えました。

この映画の音楽の効果が
抜群にいいんですよね。
FullSizeRender
狂気に勘付いたシリルは
アルマを追い出し
弟を医師に診せようとするも離れず。

また、本人も診察を嫌がったため
逆にアルマが医師と姉を
部屋から追い出すと
男を献身的に介抱してみせ

レイノルズは回復するや否や
彼女に結婚を申し込みます。

冒頭より〝結婚〟というワードは
2人の間に度々出てきますが
男にその気はありませんでした。

ウェディングドレスを発注した
上客の前に立ち塞がる場面は
彼女の嫉妬心がどれほどか
良くわかります。

主導権を強制的に握ることで
自分の存在価値を知らしめ、
姉から〝母親役〟をも奪い
妻の座を手に入れる訳です。
FullSizeRender

作中に、
こう語るシーンがあります。
『弱ってる時の彼が好き』
『まるで子供みたい。
甘やかされてダメになった
赤ちゃん。』

続いて残念そうに
『でも何日かしたら
元に戻ってしまう』と。
ちょっと怖い発言ですよね。

しかし、
人間は簡単に変わらないために
結婚後、状況は益々
悪化していくことに。

アルマはやりたい放題で
彼の意向にそぐわない振る舞いを
所構わず行うようになり

社交の場でも
ゲームで負かされた事に
ひどく腹を立てて逆上し
会場を飛び出してしまいます。
FullSizeRender

いつの間にか振り回される側に
まわってしまった男は
仕事も手につかなくなる始末。
時代の移り変わりを前に
壁にぶつかった〝古い〟天才は
姉に『死の匂いがする』と
結婚した事を悔いていると告白し…

その後ろで、彼女が
話を聞いてるんですね〜
FullSizeRender

もうホラーだよ(笑)

この後ラストまで
一気に転がり落ちていくんだけど
行き着く先がミステリーで

恋愛映画って心スッキリしたり
洗い流されたり
元気になったりするけど
この映画は全くならないので
多分恋愛映画じゃないですね(笑)

本当に細か〜く作られてて
考えれば考えるほど面白く、
映画考察大好きマンにとっては
色々細かく掘り下げたい所です。

ボヘミアンラプソディーも
色々と細かく細かく1個1個順番に
考え過ぎて頭痛くなったけど
ファントムスレッドも
これ書くだけで4日越し(笑)

まだ突きたいんですが
そろそろ打つのシンドイので
これを最後にします。

主導権争いの映画だと
繰り返していますが

2人の立ち位置、仕草、衣装、
飲食物、小物にいたるまで
誰が主導権を握っているのか
示唆されているように思います!

私が特に注目したいのは
飲み物や水。
FullSizeRender
レイノルズに
主導権がある場合
彼から与えるものであったり、
アルマから差し出された物は
口にしないのですが

主導権が移りそうな場面では
しぶしぶながら受け取り、

ラスト間近になるにつれ
『要らない』と断っても
これ見よがしに2人分注がれるそれを
黙ってジッと見ています。

水は生きていくために
無くてはならないもですから

全く見当違いの可能性も
かなり高いけれど
何となく支配の構図が
垣間見える気がするポイントの1つ
と私は思いました(^ ^)

これから見ようかな?
もう一回観たい!な皆様は
細かいところにも注目して
見ていただければ
パワーバランスの変化を感じて
楽しめるのではないかなぁと
思います(*´◒`*)b

調べてみると面白い考察や
インタビューも沢山出てきますので
気になる人は検索してね!

掘り下げると
色んな気付きがあって好き。
ご精読ありがとうございました!
チャオ〜\(^^)/
....................................
1コマ絵日記もよろしくね!!
09E75E15-DAC4-4D62-AB36-376D5F7A22ED

各画像タップでジャンプできるよ★

1期間限定ヘッダー
 *:・。・:*:・。・:*:・。 ・:*

rannku
 お願いします!     

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*
ブログの最初のページはこちら  
 *:・。・:*:・。・:*:・。 ・:*

こんばんわ!ヘビイチゴです☆ブエ〜ナ・:*+.\(( °ω° ))/.:+ 先日チラっと書きましたが漫画家で小説家でブロガーの歌川たいじさん原作『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 を友人達と連れ立って観に行って参りました。内容については既に数え切れないほど沢山の人が書いて ...
こんばんわ!
ヘビイチゴです☆
ブエ〜ナ・:*+.\(( °ω° ))/.:+ 

先日チラっと書きましたが
漫画家で小説家でブロガーの
歌川たいじさん原作
9508290A-B5C5-4F86-BEBC-1F25A57CD672

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』 
を友人達と連れ立って
観に行って参りました。

内容については既に
数え切れないほど沢山の人が
書いてくださってるので

さて、私はどう書こうかなあ。
とちょっと悩みながら…
少し自分の話をしようかな。

私がこの作品に出会ったのは
数年前のこと。

本屋だったかネットだったか
貰ったんだか忘れましたが
 手記を読んだのが始まりです。

当時、母との関係に悩み
酷く疲れてしまって連絡はおろか 
住所も電話番号もアドレスも伝えず
母の前から完全に姿を
消していた期間だったかな。 

 今でこそ『母が嫌いなんです〜』と
言えるようになりましたが
これが言えるまで、
自分で認められるようになるまで
随分と時間がかかりました。

子供が親を愛し、許すことは
至極当然だという考えが
周りにも私自身にも根深かったためです。

実の子を
本気で苦しめる訳がない
お腹を痛めて産んでくれたのに
育ててもらったのに

誰かに言われた訳ではないけれど
そう言われるのが怖くて
誰にも言い出せず
相談できなかったし
言葉にもまとまらなかった。
怖かったんですね。

『母僕』には
吉田羊演じる、美しい母 光子が
幼いタイジ、17歳になったタイジと
日常的に暴力を振るうシーンが
度々あります。

話が進むごとに
エスカレートするそれは
とても胸を締め付けられるものでした。
許される行為ではありません。

しかし、
この映画で印象的だったのは
余すところなく鑑賞した後に
暗い気持ちが一切残らない事でした。

単純に考えれば虐待は悪で、
それを幼い我が子に日常的に行う
母 光子は悪役なんです。
単純に考えればね。

ちょっと表現の仕方や
受け取り方が違えば
あの母親ひどいわ〜
良く許せたよね
私だったら無理〜的な
感想ばかりになっても
おかしくない。

親で辛い思いをした人や
現在もしてる人は
想像してるよりずっと多いからね。
それも凄くわかるよね。

でも、この映画は
いわゆる虐待ものではないし
そこにスポットを当てて
広げたものでもなくて

ベタな言い方ですが
愛と友情と勇気の物語です。

『本当はどう生きたいのか』
『人はどう生きれるのか』
の部分を考えさせられました。

原作通りなのか?と問われれば
ノーであり、イエスであり。

だけど
歌さんの言いたいこと
伝えたい事は本にも映画にも
同じだけ詰まってると思います。

オロロ オロロと泣いてる内に
あっという間に終わったけど

細かい仕掛けや気遣いが
あちこちに散りばめられてた気がします。

お母さんのお洋服とか
部屋の中の様子とか
一瞬だったんで気のせいかもだけど
虐待行為が酷くなってからの
たいちゃんの…

おっと。あんまり語って
全く見当違いだったら
恥ずかしい(笑)

でもその効果は
観た人によって受け取り方が
違うんだろうなぁと思います。

目で観て面白い映画は沢山あるけど
鑑賞し終わって何日か経っても
まだ感じることがある映画って
中々ないです。

ほんと、観て良かった!!
まだまだ考えたい、
あわよくばもっと元気貰いたいので
もう一回観る〜ふふふ(笑)

最後に自分本位な話をするけど

私にも
歌さんの素敵な友人達に負けないくらい
素敵な友人達がいます。

私が認められなかった自分を
認めてくれた友人達です。

『子供が親を嫌いでもいいんだよ。
ヘビイチゴはヘビイチゴだよ。』

おこがましいけど
私は、あの海辺のシーンの
歌さんの気持ちが
ちょっとわかると思ってる(笑)

今でこそ母と暮らしてるけど
過去に傷付いた自分も
傷付けた自分も
母のことも忘れてないし
母嫌いは多分変わらない。
許せることも許せたことも
許せないこともあるまま。
きっと母も同じ。

何かある度に
この人のこと嫌いだと思う。
でも昔みたいに苦しくないんだよね。

それもどうなんだと言う人は
沢山いると思うけど
親子でも人間同士、あり方はそれぞれで

理想的な関係もあれば

同じ家ではダメでも
離れて暮らしたら
上手くいく関係も

縁も切りましたって人も。

私みたいに嫌いだけど
何となくやってけてる人も。
この先はわからないけどね。

嫌いじゃないけど
何となく疎遠な人もいるでしょう。

本当に
それぞれだからね。
うん。
なんか上手いこと言えないなぁ…
ごめんね。

死ぬこと以外はかすり傷。
これ、私の座右の銘です(笑)
(そう思えって
押し付けてるんじゃなくて
私はそう思って生きてますってだけ。)

歌さんのブログに
いーーーーっぱい裏話やなんや
書いてあるし
まだの人は原作も読んで欲しい!
IMG_2912

今日は勤労感謝の日!

全国飛び回っての講演会に
メディアの仕事にブログやなんや
想像もつかない程
超絶忙しい歌川たいじさんに
愛を込めて。

ブォン(っ'-')╮ =͟͟͞͞♡♡♡♡♡


以上、

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

を見た感想でした。


あ、忘れてた!!!

公開前から宣伝しまくってた友人達が

予想以上に劇場に行ってくれて

感想記事も

楽しみにしてくれてたので


私信挟みますが


本当みんな超ありがとね。←

(サラッとし過ぎて怒られそう(笑)


DVD出たら皆で手繋いでみようぜ。

やだとか言うな(^^)


今日はこれにて!

明日…4コマ…間に合えば

更新…し、ます…(笑)


またね!!

チャオ★

*:・。・:*:・。・:*:・。 ・:*


rannku
 お願いします!     

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓  


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら  
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

皆様こんにちわ!ヘビイチゴです。さてさて、前回の記事でむらこ先生から頂いた『何故フードをすっぽりかぶったようなキャラなのか』という疑問に、せっかくなので紹介がてら答えてみようかと思います!この映画はみなさんご存じでしょうか(*´ω`)かの有名なドリームワーク ...
えん


皆様こんにちわ!ヘビイチゴです。

さてさて、
前回の記事で
むらこ先生から頂いた
『何故フードをすっぽりかぶったようなキャラなのか』
という疑問に、せっかくなので
紹介がてら答えてみようかと思います!

この映画はみなさんご存じでしょうか(*´ω`)

i320

かの有名なドリームワークスの映画、
『シュレック』の2から登場した
長靴をはいた猫のスピンオフ作品でございます。

この猫(プス)は孤児院育ちなんだけど
そこで出会う最初の友達(兄弟)が
ハンプティー・アレクサンダー・ダンプティー
タマゴの少年なんです。

o0515029011863316931
頭が良く、野心と夢を抱いていて
兄弟の証にそれを『2人の夢』として
叶えるために共に奮闘しますが
いつしか悪い方へ。

しかし
ある事がキッカケでプスが街の英雄になると
刑務所に出入りを繰り返すタマゴとは
仲たがいをするようになってしまうんですね。

タマゴが起こした事件に巻き込まれた事から
プスも追われる身に。

そこから数年、
すっかりお尋ね者らしくなったプスの前に
あの悪徳タマゴが再び現れるのです。
『2人の夢を叶えるアレを見つけた』と。

愛する育ての母も故郷も失ったプスは
タマゴを恨んでいましたが、協力する事に。

タマゴの仲間、
怪盗キティ・フワフワーテを交え
いくつもの修羅場を乗り越えて
とうとう夢を叶える手前まで来ます。
img_2
ちゅうも~~~く!
はい、出ました。
はい、そうです。
お察しの通りです!

実は私、タマゴをリスペクトしてます。
映画見た人は解るかもしれませんが

ただの腐ったタマゴじゃないんですね~

私自身も子供の時とか
思春期とか、落ち込んだ時とか
失敗した時とか
自分なんて…と思う事あったし
未だにあります。

ずっと強気だったタマゴも最後は
『俺は昔から何をやってもダメなやつだ』と
弱気な発言をします。

タマゴは悪い事ばっかりしてたし
何度も期待を裏切るし、
パッと見、屈折してますが
自分で自分を認めてあげたくて
自分はすごいやつなんだって
信じたくて必死にもがく
真っすぐな心の持ち主だと思いました。

プスが言うんですよ~
『中身はいいやつだって
最初から解ってたよ』って。

きっと自分が想像するより
自分っていいものなんです。
んで、
それを解ってくれてる人も
きっと居るんですね、誰にでも。

とても感動しまして。

身を挺して沢山の事を教えてくれた
ハンプティに敬意を表して
ヘビイチゴのキャラは出来上がりました~

良い話ですね~(自分で言うな)

あとね、
デブって可愛く描くの難しいんです。
せめて2次元では可愛くなりたいよね…

あ、色がピンクなのは、
HEAVYイチゴ(参照)の頃
ガチで髪がドピンクだった上に
ドピンクのヒョウ柄のライダースだの
ドピンクのジャージだの着てたから。

そこそこ高い服なので
妹が高校の時にあげるって言ったら
1着残らず全力で断られたYO!

長々とここまで読んで下さった方、
本当にお疲れさまでした!
ありがとうございます!

次回からはまた
様子がおかしいブログに戻ります★

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*
遊びに来てくれた方
読んでくれた方
コメント残してくれる方
ありがとうございます!

ラインで読者登録が出来ます!


更新が気になる方は
登録お願いします★

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*
さあ、皆さん、どっちがお好みですか?

MW5H1MS3
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*