カテゴリ: 写真日記

DSCN2058

ブエナスタルデス!
こんにちわ!
ヘビイチゴです☆

実は3日くらい前に
高齢の祖母が発作で
救急車で運ばれて
色々大変だったよ!

その日には
家に帰ってきて
今元気いっぱいだけど

長く心臓を患っているし
心配過ぎて
毎日一緒に寝てる!(笑)

暖かいよ~

さて、旅行レポの続きです。

2017-04-06-04-34-03

教会探しを無事に終えて
坂を下りまくり
海に面した下界へ。

港から出ている遊覧船に
乗るためであります。

バルパライソの港は1818年に
チリがスペインから独立した後
街は設立間もないチリ海軍の
主要港となり
それまで制限されていた
国際貿易も解除され、
他国にも開かれました。

1834年にあの
ダーウィンも訪れているそうです。

しかもダーウィンは
パタゴニアの先住民
ヤマナ族とも出会っています。

(Wikipedia参照)

DSCN2066
(どっかの国の貿易船)

港では
他国の大きな貿易船を
間近で見る事も出来、

また、海軍総司令部があるため
映画でみるような超カッコイイ
軍艦も停泊しております。

が、軍艦は念には念を入れて
写真は撮っていません、
ビビリなので・・・(笑)

DSCN2070
(修理中なのかしら・・・?)

この港は
他の記事で載せた
ソートマジョールの真正面。

image
(ソートマジョール)

世界遺産への玄関口ですので
多くの観光客で賑わい、

お土産屋さんが
ズラッと並んでおります。

2017-04-06-02-13-49
(お土産屋)

お酒など意外であれば
割とここで有名なお土産は
ほぼ手に入れる事が可能。

チリはワインの他、
革製品、銅製品、ラピスラズリ
なんかが有名ですので

それらも1度に買う事が出来ます。

何件もお店が連なっていますが
扱ってる商品は
あまり変わりありません。

何が変わるかって、

値段!!!!

結構振り幅あるので、
1件のお店で
『おッ!』と思っても
隣の店では
少し安かったりする。

他国からも観光客が
沢山来ますので
商品の殆どに予め
値札が手書きで貼ってありますし

もし行かれました際は
是非他のお店も覗いて
ここが1番安いぞ!!って所で
より多くのお土産を
GETして頂きたいです(笑)

もちろんここでも
読者プレゼントをいくつか
購入してきましたよう☆

で、一応なんですけども、

バルパライソは治安的に
良い方じゃありません。

バルパライソ、
ビニャに住む家族によると

観光客が多い事で
スリなどの盗難を目論む人も多く、
長財布やブランド物の財布など
大きめだったり
目立ったりする財布を
使っていると
目をつけられやすいそう。

チリペソは
2万ペソ札、1万ペソ札
5千ペソ札、2千ペソ札
千ペソ札、他硬貨とありますが

2万ペソはオレンジ色
1万ペソは青色と
結構目立ってしまうので
中身の見えづらいお財布で
尚且つ煙草ケースのような
小さな物が好ましいとの事でした。

また、財布に全財産を入れず
お土産代ならお土産代だけを入れて、
もしもの時ように
色んな所に隠しておけと。

靴の中とか
ズボンの前ポケットの奥とか
カバンの内ポケットの奥とか。

店舗でなくて道端に並んでる
路上販売店で
買い物する時は特に
気を付けた方がいいそうです。

バルパライソ、チリや
南米に限った事じゃないけど
もしもに備えるのが大事
だそうなので、

いつか誰かの役に立てばと
書き残しておきますね!

はてさて、
港に並んだお土産屋さんの前には
遊覧船の乗り場がございます。

2017-04-06-02-13-08

2017-04-06-02-13-14

本日の記事のTOP画の船、
良く見ると椅子が見えますが
これらは全て遊覧船です!

港をクルっと
一周するだけですが
街を一望できます!

2017-04-06-02-12-07
(私が乗った遊覧船)

遊覧船は色々なタイプが
ある様子。

乗り場では何人かの
いかしたお兄さんが
客引きをしていましたので
話を聞いてみると
金額の差が
結構ありました。

提案された1つ目の船は
乗船希望者が一定数集まるまで
乗船して待てれば、
3000ペソ(約510円)で
乗れるというもの。

1番安い料金のようでしたが
私が行ったのは平日の為か
人が全く集まらないとの事。

今の所希望者は1人だから
結構待つかも・・・と言われ、
悩んでいると
別の客引きのお兄さんが。

そっちは希望者1人から
すぐに船出せるけど
一人6000ペソ。

う~ん、6000ペソか
どうしよう・・・とそちらも悩んで
一旦保留。

お土産を選びつつ
3000ペソの船の様子を伺い
集まって来たらそれに乗り、
もしダメそうなら高い方と思っていたら

15分後くらいに現れた
別のお兄さん、

『1人4000ペソで
すぐに船出しますよ~!
誰か希望者いますか~!』
と始めたので
勢いよく挙手!(笑)
DSCN2083

私とイトコと母、3人だけで
ゆったり乗る事が出来るし、
安いし、ラッキーでした(*´▽`*)

ガイドさんも一人付いたんですが
そのオジサンが
凄く面白い人で

まるでジャングルクルーズに
乗ってるような感じ(笑)

ガイドはもちろん、
日本人の友達が居る事や
昔貿易船の船員だった事、
最近孫ができた事まで
終始喋り倒していました(笑)

DSCN2071

DSCN2081

DSCN2085

DSCN2065

波も穏やかだったので
揺れも少なく
また、この日死ぬほど暑かったので
涼しくて気持ちよかったです!

運が良ければ沖の方で
イルカが跳ねたりするのを
見れると言われ

イルカ大好きなので
とてもワクワクしてましたが
運がなかったようで
見れず~(´;ω;`)

残念・・・

と、船が韓国の貿易船に
近づいた時です。

叫ぶオジサン
『あれを見ろ!!!!』

DSCN2092

あ、あれは・・・!!!

DSCN2093

トド!!

でかーーーー!!!
一生懸命首搔いてる!

かわいいいいいいい

乗船前に私が
動物は見れるか聞いていたので
オジサン気にかけていた様で
実は客引きじゃなくて
船長さんだったお兄さんに
めいいっぱい近付けるよう
お願いしてくれました!

すると
DSCN2095

こっち見た・・・!

DSCN2097

眉間にシワ寄せて
めっちゃ見てる!(笑)


せっかくゆったりしてたのに
ごめんよ(´;ω;`)と
思いつつ

ブログに書けるぞと
喜んだ私なのでありました。

image

ゆっくり離れていく際、
大きく口を開けてお見送り!

もしやちょっと
怒ってたのかな・・・
ごめんよ!

しかし野生のトドが
見れると思ってなかったので
凄くうれしかった!

オジサン曰く、
ビニャ、バルパライソは
トドだらけなんだって。

普段から
そこかしこに居るから
観光客が喜ぶんだけど
私が行った日に限って
中々見付からないから
居て良かったって
オジサンが1番喜んでたよ(笑)

DSCN2102
港に戻って来たら
もう1匹泳いでた!!!

ビニャのビーチに
死ぬほど転がってるらしい。

オジサンも私の家族も
トドの事を
スペイン語で
“エレファンテ・マリーノ”
海の象って読んでるんだけど

海の象って日本だと
セイウチじゃなかったっけ?

あともう一つ。
デカさでトドじゃねって
思ってるけど
Twitterには
多分オットセイって書いてます。

セイウチは流石に解るけど
アザラシオットセイオタリアトド
が全然見分けつかない(笑)

トドなのか、
オットセイなのか、

解る人いたら
教えてね・・・!!

DSCN2104

たった10分とか
そこいらだけど凄くいい
思い出になった遊覧船!

休日とかだったら
人も沢山集まるだろうし
もっと沢山船出てるんじゃないかな。

DSCN2103

面白いガイドさんだったのも
ついてましたね♪

この日が観光最終日!!

お土産も買えたし
観光も沢山したけど
本当に疲れて疲れて(笑)

足の筋肉痛が
三周回って無くなり
代わりに
膝が曲がらなくなる現象が
続いたけど(笑)

人生で1番歩いたかもしれないけど
旅行を全て振り返っても
無駄な日がなくて
凄く充実した
満足した日々でした!

またいつか、
教会巡りや猫探しなど
出来なかった事をしに
戻りたい(*´▽`*)

本当に楽しかった!

実はサンティアゴも
観光予定だったのだけど
サンティアゴ在住のイトコの家で
イトコのイトコとか誰かの彼氏とか
彼女とか彼女の妹とか
沢山人が来てくれたので

まさか観光に行くって
言えなくて(笑)

サンティアゴは
何も見れなかった(´;ω;`)

が、日本に帰る時に
是非と思って居るので

その時に何かしら
また載せられたらと思います!!

前から書いてるように
アルゼンチンにも
行く予定があるので

それも凄く楽しみ!!

一旦旅行記事は
これで終りです('◇')ゞ

みんな読んでくれて
ありがとう(´;ω;`)

少しでもチリの事が
知って貰えたら幸いですわ!

では次回は絵日記で!!

またね、
チャオ☆
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

感謝!

↓動くよ↓

アニメ


また来てね★

ラインで読者登録が出来ます!


更新が気になる方は
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*



 お願いします!    

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓

リンクバー

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

2017-04-04-02-02-33


ブエナスタルデス!
こんにちわ!
ヘビイチゴです☆

さてさて、現在私は
旅行を終えて
パタゴニア地方に戻ってきた訳ですが

まだ貯めている写真があるので
南米はチリ、
バルパライソのお話を続けます。

これまで上げてきた通り
バルパライソは
街並みそのものが
世界遺産になっていたり
アーティスティックだったり
ご飯が美味しかったり
普段は受けられないような
新しい刺激が多く存在する街ですが

同じだけ、とても
伝統的な街であります。

突然ですが
皆さん、キリスト教の教会に
入った事あります?

日本において
気軽に教会に入る事って
殆どないかと思いますが

美しいステンドグラスや
伝統的な建造美に魅かれて

海外旅行に行った時は
1回入ってみたい~!!
な人も多いのでは。

ていうか教会巡りが
目当ての人もいる筈(笑)

観光地の定番である
バルパライソ、
ビニャ・デル・マールにも
それはそれは沢山の教会があり
立派な大聖堂もあるので

教会巡りは
観光客にとても人気だそうです!

2017-04-03-04-16-16
(人気の観光地:ビニャの大聖堂)

どっかにも書きましたが
私はクリスチャンであります。

チリはカトリック教国、
私の母はチリ人ですので
産まれてすぐに
洗礼をおけておりまする。

が、本当にそれだけで
全く敬虔でも保守的でも何もなく、
ほぼ無教徒状態だけど(笑)

小さい頃、
教会に通っていた事があります。
(母に連れられて)

チリに住んで居た時は勿論
日本でも通っていましたが

私が教会での
覚えている思い出が
教会の庭などで
同じ教会に通ってる子と
沢山遊んだ事や
マリア様に花冠を作った事。
それと、凄く天井の高く
とても広い聖堂と。
凄く大きい教壇。

日本の教会は
地元の近くにあるのですが

庭はあるけど、
聖堂はこじんまり、
教壇も小さく、
どうも記憶と擦り合わなくて

あれは
どこの教会だったんだろうなぁ
と思い出せずにおり、

母も頼りにならないので

チリに来たら
確かめたい事の一つでした。

確か勉強もしたけど
聖書の内容は全く覚えてない。←

祖母の家に到着してすぐ
私が通っていた教会に行きましたが
そこもなんか違って、

数か月住んで居た
バルパライソか
もしくはサンティアゴと踏み
(サンティアゴにも
よく行った)

教会を探す旅へ!

2017-04-06-03-17-16
(バルパライソの大聖堂)
image


ちょっと歩けば
沢山の教会があります。

大きく、またバルパライソの
セントラルやプラザ(中心地)の近くにも
大きな教会が点在しているので

観光客もいっぱい!

観光バスも沢山です。

絶対ここじゃないけど
やはり私も
大きな教会入ってみたい!!
有名な教会にも行きたい!!

とワックワクで近付いたら
門、閉まってら~~


いつも空いてるもんだと
思ってたよ。

くそう。

因みに最初の画像の
ビニャの大聖堂も閉まってた。

くそう。

なので
あのアートだらけの坂街にも
教会求めてGOGO!

2017-04-04-02-23-51
(バルパライソの坂街)

こちらはもう
観光名所中の
観光名所。

image

 こちらも何と
門がしまっていた。

なんでじゃ!
ついてなさすぎかよ!!

近隣の住民の方に
聞いてみたら
開いてる時と
開いてない時があると。

うん、で、
いつ開いてんのと。←

なんか迷惑そうだったから
(多分観光客が多くて
うんざりしてなさる)

聞けず。

う~ん、残念。

他にも有名な大聖堂
大きな教会はありますが
一言にバルパライソと言っても
都市なので
すんごい広いのであ~る。

2017-04-12-12-27-03
(地図一部:赤と黄色の所が世界遺産
だと思う??←曖昧)

通りかかったホテルで貰った
地図にも
有名な教会は
きちん載っていました。

2017-04-12-12-27-34
(Iglesia=イグレシア(教会)

しかし小さな教会は
地図には載ってない!

そりゃそうか、
観光用だもんな~

大きい教会は皆
全然門開いてないし

観光地ではありますが
そんなに治安も良くはない為
日が暮れると
ちょっとアレな感じなので

大きい教会巡りを諦め
一旦帰宅。

港の観光船にも
乗る予定だったので
次の日は
アパートを早めに出て

私が昔
住んでた地区へ向かいました。


2017-04-06-02-50-59
行きがけに
途中でポセイドンの像発見。

そっから2時間くらい
歩いて歩いて

坂を登り
坂を登り

当たり前だけど
昔と凄く変わってて
どこを歩いてるかも謎状態(笑)

確かこの地区・・・
確か山の上の方…

とウロウロする事
さらに1時間くらい。

もう本当に疲れて
お腹もすいたしって事で
ご飯に。
2017-04-06-03-30-17

日本円で300円くらいで
想像してたより
2.5倍デカいホットドッグが
出てきました。

食べきれなかった(笑)

少しマッタリして、
もうあの教会無くなったのかも、
もう諦めて港に戻る??
的な話をしてたんだけど

一応店員さんに
『この近くに大き目の教会ある?』
って聞いたのが大正解!!

聞いた通り
もう少し登った所に

2017-04-06-04-34-03

あったああああああ!

これこれ!
多分これ!!

しかも開いてる~~!!!

神様ありがとう(´;ω;`)

私がお世話になった
牧師様はもう
いらっしゃらなかったけど
(年齢的に亡くなったと思う)

今の牧師様に
ご挨拶できました。
2017-04-06-04-37-54

私が覚えているものと
少し違うかも?
と思ったんだけど、

24年かそれ位前の記憶で
理想とかと
ゴッチャになったのかも(笑)

でも殆ど合ってるから
間違いない、と思う!

外は割とうるさいのに
聖堂はとても静かでした。

2017-04-06-04-36-09

小さいときに行ってた教会に
再び行けて良かった!

場所ももう解ったし
次からは
タクシーで行けそうです(笑)

しかし、有名な大きな
教会に入れなかったのが
本当に残念!!

調べれば画像は
いくつか出てくるけど
このブログで皆に見せたかったし
私も見たかったYO・・・!

予定カツカツだったから
再チャレンジも叶わず!!

それもまた
思い出という事で(笑)

次の機会の時は
教会目当てで
数日潰すわ・・・!
最後に一瞬今現在の話。

もう日本は
桜咲き乱れる春!
Twitterで桜の画像が
流れてくると
堪らない気持ちになるよ!!

何故って、
今のパタゴニアの気温

2度!!!

これでも一応
夏のくくりなんだぜ!
信じられる?

誰か、誰か私に
西川の毛布を・・・!

チャオ☆
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

感謝!

↓動くよ↓

アニメ


また来てね★

ラインで読者登録が出来ます!


更新が気になる方は
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*



 お願いします!

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*
5枚セットかと
思ったでしょーが!


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓

リンクバー

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら

*:・。・:*:・。・:*:・。・:\*

南米はチリの
世界遺産バルパライソで
アートを堪能していたら
巷で話題のショップを発見!

の続き。

DSCN2043

ブエナスタルデス!
こんにちわ!
ヘビイチゴです★

急斜面とアートの街、
バルパライソの
坂を数時間歩き続けた
疲れも暑さも
吹っ飛ぶようなこの風貌。

前回の記事のコメントでも
知っている読者さんが
いらっしゃいましたが
皆さん“ヤマナ族”
ご存じでしょうか??

ヤマナ族とは
かつてパタゴニア地域に
広く存在していた先住民族です。
(別名:ヤーガン族)

まずパタゴニアって
どこよって?

このへん!
image

チリ・アルゼンチンを跨る
コロラド川以南の地域の総称が
パタゴニア!

私が滞在している
祖母の家も実は
この地域です(^^)

祖母の家に着いてから
寒いよ寒いよと
結構言っておりますが

通年、風が強く、
低温であるにも関わらず

なんとヤマナ族は
裸族でございました。
DSCN2044
(お出迎え)

が!しかーし!!

ここでお知らせしなければ
いけないのは

この衝撃的な姿をした民族、
“ヤマナ族”ではありません
という事!

日本ではいつからかどこからか
“ヤマナ族”として定着し、

ヨーロッパからの入植者により
服を着せられたものの
逆に衛生状態が悪くなり滅んだとか
入植者にもたらされた病で滅んだとか
宣教師が、とか
スペイン人による虐殺で…とか
色んな話がありますが、

これはパタゴニア地域に存在した
他の部族の歴史と
ちょこちょこ混合しているようです!

じゃあ奇抜な格好をした
部族の名前は
何なのかというと

正しくは
“セルクナム族”との事。

どうやら
“ヤマナ族”と“セルクナム族”は
ほど近い所に居住していたようで
それで歴史やなんや
ゴッチャになったのかもね!

2つは言葉も文化も歴史も違う
全くの別の民族です。

私もチリに行きますよってなって
ちゃんと調べるまで知らず、

ずっとヤマナ族だと思ってたので
衝撃を受けました(笑)

ヤマナ族については
Wikipediaに詳しく書いて
ありますので
読み進める前に是非!!

さてさて、
しっかり訂正した所で
改めてアーティスティックな姿の部族
セルクナム族についてのお話。

2017-04-04-11-01-25
(アップ)

とってもハイセンスで
未来的で世紀末感漂う
セルクナム族ですが、

これは成人の儀式時の
正装なんだって!

普段は裸に
毛皮を1枚着ていたので
全身にペイントして
暮らしてる訳じゃなかったらしい。

純粋なセルクナムの
最後の一人であった女性が
亡くなったのは
なんと2004年で、

思ったより全然
最近まで存在していたんですね!

服を着て絶滅と良く見聞きしますが
実際は多くの入植者により
土地や食料が奪われたり
虐殺が起きたり、
入植者との混血が増えたり
本当に色々な理由で
滅んでいったそう。

部族って皆そうかもね・・・

しかし!
絶えても尚
愛され続けている部族は
きっと他には居ない!!
2017-04-04-11-00-54
(ポストカード的な)

ここバルパライソで
見付けたセルクナムショップは

彼らが好きな人にとって
ユートピア!

レジに座っていた
女性店員さんに聞くと
なんとこのポストカードや
その他のグッズなど
デザインして作ってるのは
彼女なんだって!!

私はてっきり
どっかから仕入れて
売ってんのかと思った。

旅行の拠点にしている
ビニャ・デル・マールのプラザ
(中心街的な場所)に
たくさんあるお土産屋さんにも
セルクナムグッズは
結構置いてあるんだけど

image
(ビニャ・デル・マールのお土産屋)

バルパライソのお店
HAINのグッズは
完全オリジナルなんだね!

通りで人気がある筈だ。

2017-04-05-12-05-45
(名刺貰っちゃった)

お店を訪れるお客さんは
日本人が凄く多いって
言ってたよ!

実際私が買い物中にも
日本人の方々が来店して、

チリなのに
お店の中は日本語
飛び交いまくり(笑)

お店の人も慣れた様子で
とても買い物しやすかったし
グッズも本当に可愛い。
image
(記念に飾り皿購入)

自分のお土産はもちろん
読者プレゼントも
いくつか購入してきましたよ★

もっとたくさん買って
お友達ブロガーさんにも
配りたかった所ではありますが

結構お高めだったので
ブロガーさんも
リアル友達も
読者さんも
欲しい方は7月に予定している
プレゼント企画に
参加して当ててください!(笑)

7月をお楽しみに!(笑)

お姉さんにサヨナラして
向かった先は
ごはん屋さん!

ごはん屋さんはいっぱいあり、
いい匂いがあちらこちらから
漂ってくるので
どこで食べようか迷うほど。

image
(食べ物屋が沢山並んでるとこ)

ここでプチ情報ですが
バルパライソのご飯は

めっちゃ美味い!!!

いや、たぶん
普通のところも
いっぱいあるけどね。

で旅行に同行しているイトコも
バルパライソのごはんは美味しいと言うので
おいしい地域なんでしょうな。

外に出ている
メニューを眺めながら
どこ入るべ~と悩んでいると

店先に猫!!!!
DSCN2045

か、かわえええええ!
よし、この店にするか!!

入り掛けに
撫でてみたが嫌がらず
大人しいいいいい!
と思いきや
スタスタ歩き出して
隣の店に入っちゃった・・・

え、そっちなの?
じゃあそっちにするわ。←
(猫任せ)
2017-04-04-03-05-35
(にゃんこが案内してくれた隣の店)

何があるかも知らず
入ったこのお店ですが

DSCN2046
(店内一部)

結果的にいうと
大正解!!!!

眺めよし!
清潔感よし!
椅子が猫!!
オシャレ!!!
店員さん親切!!!

そして何より
image
(セビーチェ)

味よぉぉぉぉし!!

極うま!!!
なにこれこんな美味い
セビーチェ食ったことない!

2017-04-04-03-21-57
(お肉とポテトと野菜と米)

目で見て美味しい
食べてもっと美味しい!!

冗談抜きに
人生で1番美味いランチだった。

飲み物も洒落ており、
メニューは殆ど
フルーツのミックスジュースで

好きな果実を選んで
作ってくれる。

2017-04-04-03-08-57

私はキウイとパイナップルを
チョイスしました!

これまた美味しい~!

一緒にいったイトコは
イチゴと梨のソーダを頼んだんだけど
そっちも美味!

店員さんに聞くと
このお店はペルー料理と
チリ料理のオリジナルだそうで。

本当に凄く美味しかったが

結構なお値段で
おったまげ(笑)

サンティアゴから
ビニャ・デル・マールまで(約2時間)の
高速バス代が2,200ペソ、
日本円にして380円前後の世界で

3人で3品と飲み物頼んで
36,000ペソ(約6,200円)!!

高~~!!!

日本でもランチに
こんなに掛けた事ないわ!

高くても
本当に美味しいものが
食いたいんだ!!!って人には
超絶オススメですが

節約旅の方には
中々厳しいお値段でした!

が、本当に美味しい。

行ったときは
ぜひセビーチェを
食べてみてね。

ほっぺ落ちるぜ!

因みにセビーチェって
南米版カルパッチョみたいな。

クックパッドとかに
作り方あるかも。

気になる人は
探してみてくださいな★

2017-04-04-03-06-49

お腹が満たされ
財布の中身が空に。

所々で見かける
アイスの看板を
直視しないようにしながら

下界へと坂を下りていくので
ありました・・・。

まだ観光レポは続くよ~!

みんなコメントありがとう!
だいぶ前から全然
返せてないですが

全部読んでる!
本当にありがとう(´;ω;`)

頂いた質問なども
回収していきますが
いかんせん頭がアレなので

全部遅めですが
気長に気軽にお待ちいただけますと
幸いです(ノД`)・゜・。

Twitterの方が
全然反応早いので
やってる方は
バンバン絡んでください!

よろしくお願いします!

ではまた次回。
チャオ★

情報参考サイト様
おに怖
Wikipedia
セルクナム族

パタゴニア
ヤマナ族
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

感謝!

↓動くよ↓

アニメ


また来てね★

ラインで読者登録が出来ます!


更新が気になる方は
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*



 お願いします!

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*



*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓

リンクバー

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

DSCN2021


ブエナスタルデス!!
こんにちわ!
ヘビイチゴです★

昨日は色んな準備で
バタつきましたが
晴れて本格的に
暇人となりましたので
本日は世界遺産の街
バルパライソ探索!

実は私、
子供の頃
少しだけバルパライソに
住んでた事があります。

本当に小さい頃で
住んでいたのも7か月間程なので
殆ど記憶に残っておらず

歩けば思い出すかなぁ~
と期待して
ビニャのアパートを出て

バスで向かいました!
image
(プラザソートマジョール:玄関口的なとこ)

チリは中々のバス大国で
普段滞在中の田舎でも
多くのバスが走っています!

停留所的なものも
一応存在しますが

道ばたでも
目当ての目的地行きのバスが来れば
とっ捕まえて乗る事ができます。
(ヒッチハイクみたい)

車の運転については
日本みたく穏やかでなく
せっかちが多いのか
せっつく為に
クラクションは鳴り響き

観光バスと言えど
80キロ90キロ普通。
急カーブでも客に配慮無!
急ブレーキも上に同じく!

ただタクシーや
電車より
バスの方が
凄く安いですし、
『あの辺でおろして』と
お願いすると止めてくれるので

バスの通り道であれば
泊まってるホテルの前や
アパートの前で
おりたりも。

結構便利。
ただ本当に運転荒い(笑)

2017-04-04-01-15-31
(アセンソール:一人100ペソ=約20円)

バルパライソは
坂だらけの街!!

美しい町バルパライソの見所は
急斜面の丘の上で
自分の足でも
登れるけど
デブの敵は坂と階段。

そこで嬉しいのが
アセンソールと言う乗り物!

2017-04-04-01-16-20

ほんの2分程のっただけでも
結構高い所まで来たと思える。

それだけバルパライソの坂は
本当にキツイ!

DSCN1987
(広場)

アセンソールをおりた所は
ちょっとした展望台になってて
港を一望できます。

DSCN1985
(なんか皆写真撮ってたから←)


カラフルな街並を見に
怒涛の坂登りを開始です。

DSCN1986
(広場脇の坂)

バルパライソは
屋根のない
青空美術館として
名高い街です。

その所以はこの
DSCN1988

アート。
芸術家が描いたものから
落書きまで
民家やお店や様々な壁、
階段、電柱など
至る所に絵が
描かれています!

DSCN1989

DSCN1991

2017-04-04-01-57-26

2017-04-04-01-56-55

パタゴニアの先住民
ヤマナ族の絵を発見しました!

チリ・バルパライソで
検索すると
結構登場するヤマナ族。

その歴史も調べてみると
面白く、
また、日本人に
とても愛されている事が
わかります!

よくよく見てみると
ちょこちょこ登場(笑)
DSCN1994
(ヤマナ族の壁画)

DSCN2000

とてもカラフルな階段も発見!

登ってみると・・・
DSCN2003

更にアートな階段が!

これだけ絵があると
暑さもしんどさも忘れて
坂をガンガン上る事が
出来ちゃう不思議。
DSCN2006

DSCN2007

DSCN2009

DSCN2010

DSCN2011

DSCN2015

2017-04-04-05-13-28

2017-04-04-03-54-13

DSCN2019

DSCN2025

DSCN2038

DSCN2047

DSCN2055

ガンガン登って
あれは何だと
ガンガン降りて、
またガンガン登って

楽しいけれど
時間は一番暑い時間。

調べてみると
気温は約22度!!

もう喉はカラカラ、
足はガクガク・・・

そろそろどこぞに
ご飯に行こう、と

ん?
DSCN2040

んん!?

DSCN2043

ヤ、
ヤマナ族ショップ・・・!!!

本当にあったああああ!

飯なんか後だ後!


次回、
『南米チリ・服を着て絶滅!?先住民ヤマナ族と激うまランチ』
お楽しみに!

絵日記ブログなのに
旅ブログみたいで
本当にごめんよ(´;ω;`)

4コマも時間見て
描いてるので
それまで写真で楽しんでね
(´;ω;`)

今日はここまで!
チャオ☆
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

感謝!

↓動くよ↓

アニメ


また来てね★

ラインで読者登録が出来ます!


更新が気になる方は
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*



 お願いします!

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*
これよくお土産屋で見るけど
魅力が分からん・・・

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓

リンクバー

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

【追記】
度々失礼します!

当記事は南米での
果実酒作りの体験を
ご紹介しておりますが

日本におきましては
酒類製造免許がない状態での
アルコール分1%以上含む
酒類の製造は
禁止されております!

詳しくはコチラ

くれぐれも
うっかりご自宅で
製造なさいませんよう
お願い申し上げます
<m(__)m>

コメントにて
気付かせて下さいました
ヴァル様、
ありがとうございました!

では本文をどうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCN0160

ブエノスディアス!
おはようございます!
ヘビイチゴです★

オウムの話の途中ですが
今日は写真日記!

皆さん、酒、
飲んでますかー!

はい、
飲んでます!!


よく言われるのですが
私が現在滞在している国、
チリは“ワイン”がとても有名です。

Wikipediaに
詳しく書いてありますが
チリはワインの原料である
ブドウを栽培するには
気候がよく
アンデスの雪解け水は綺麗で
日照時間も長く最適で
フランスなどから
ブドウ栽培を求めた移住や
ワイン主要生産国のひとつである
スペインの植民地であった事が
チリにワイン文化を根付かせたそう。

何百年も前から
もっと美味い酒飲みてえ!的な
お酒好きも多かったんでしょうね(笑)

ブログのTOP画にも
掲げた通り
私の趣味の一つは酒!

かなり強い方で
バンバン飲んでも酔わないけど
飲み過ぎて
体が壊れるタイプです(笑)

チリに暮らす親族は
み~んな酒好き!!!

毎日晩酌の相手には
困りません(笑)



中でも数年前に
亡くなった祖父は
大変な酒好きで95歳まで
毎日飲んでいたそうな。

凄いね~!

今、私がいる
チリの小さな田舎町でも
沢山の果実が収穫できるため

自家製のワインを作るお家も
多いという事で
酒好き一家である我が家も
例に漏れず毎年恒例らしい
庭のリンゴを使った
ワイン作りを致しました!

2017-03-28-02-49-15

登っているのは
いつもお肉を捌いてくれるイトコ。
(後で顔出るYO)

2017-03-28-02-50-06
あっという間に
頂上まで!

本当に何でも出来るなあ
と感心していると

他の木には
別のイトコが。

2017-03-28-05-27-48
(顔出し恥ずかしいって)

木登り上手が何人も。

毎年リンゴの他
色々収穫してるので
みんな慣れたもんで、

子供たちもホイホイ登る!

好きな男性のタイプは
木に登れる男な私。
そのルーツは確実に
ここから来ている(笑)

で、
登って何すんのかってーと
お猿さんみたいに
木全体を激しく揺らして

リンゴを全部落とします。

Twitterで動画あげてるよ★

image

チリのリンゴは
真っ赤になりません。

白かったり
真っ青だったり!

酸味も甘みも強く
とても美味しくて、
木からもいで
おやつ代わりに食べたり(笑)

ごっそり落ちたリンゴを
家族総出で拾って行きます!

このとき、
腐っていなければ
虫食いでも何でも関係なし!

とにかく拾う!
どんどん拾う!
BlogPaint
(ケツとパンツ出てんの私です)

袋がいっぱいになったら
箱に移して
汚れをサっと洗い流す!

あんまり洗い過ぎると
余分な水分が入るため
あくまでサッと
なんだって。

2017-03-28-02-55-27
(私と殆ど同じ顔と体型した叔母)

また袋に詰め直して
半日屋根の上で干して
完全に水気を切ったら

果汁の絞り出しに掛かります。

2017-03-29-05-31-40
(リンゴ投入:イトコ・リンゴすりつぶし:叔父)

大きな木製のミキサーみたいな
機会にかけて
リンゴをどんどん
すり潰す。

もちろん皮はそのままです。
2017-03-29-05-38-09

2017-03-29-05-38-14

2017-03-29-05-40-17

すり潰したリンゴを
すくい上げて
また袋に戻し、

今度はその袋をこれまた
木製の圧力をかけるやつに
かけていきます。

2017-03-29-05-38-55

ゆっくりゆっくり
圧力をかけていくと
果汁が押し出されて
両脇の溝のおかげで
1滴も無駄にせず
大きな樽に流れるシステム!

2017-03-29-05-39-13

最後の最後は
上についてる
デッカイぐるぐるするやつで
更なる圧力をかける。

全部人力!!

2017-03-29-05-48-27

2017-03-29-05-48-29

これを袋全部
繰り返し繰り返し
絞っていきます!

樽に溜まった果汁を
今度は茶こしの大きいやつ
みたいなので丁寧に濾しながら
別の樽に移し・・・

image

正真正銘!
100%リンゴジュースが
出来ました~!!!

このままでも
めちゃウマで、
親族群がって
ガブガブ飲みまくり(笑)

子供たちは濾す前に樽から
手ですくって直飲み!

全身ベタベタに
なっていました(笑)

image

(樽)

このリンゴジュースを
発酵させるため
涼しい所で放置!

後は待つんだって。

4日目に発酵が進んできたら
また別の樽へ
濾しながら移し替えて
8日目まで蓋を開けて放置。

9日目で
もうお酒になってるから
その段階で皆で少し飲みながら
別の樽へ濾して

キツク蓋を閉め
3か月間放置した後、
美味しいワインとして
飲めるんだそう!

この自家製ワインは
基本的に
発酵を止めないので
時が経てば経つほど
アルコール度数がキツく
辛くなってくんだとか。

因みに去年のやつを
飲ませて貰ったんだけど
凄く美味しかったよ~!

でもめっちゃ辛かった(笑)

樽に入れたら
もうそのままずっと
放置なんじゃ?と思ってたけど

濾しきれなかったカスや
リンゴの糖?かなんかが
下に溜まったり
浮いたりしてる状態で放置すると
カビちゃうから、

それを防ぐのに
少し手間をかけるみたい。

美味しいワインとして飲める
3か月後、
私は帰国ギリギリ!!

それまで楽しみに
樽を撫でる毎日です(笑)

因みに絞り切った
大量のリンゴのカスは
親族の牧場のブタさん達と
ご近所のブタさんに
おすそ分けされました。

大好物なんだって!
image
(ご近所の豚さん)

この豚さん可愛くて
前を通るたびに
近づいてきて
ブヒブヒお話ししてくれる。

名前はジャクソン。

私が帰国するまでは
どうか食べられないで・・・!←

一緒にワイン
飲もうねジャクソン(´;ω;`)

というわけで
ワイン作りの体験談でした。

作ったワイン、
日本に持って帰れたらいいけど
たぶん無理だなああ!!

もし持って帰れそうだったら
プレゼンに企画に
出したいもんだけど・・・

う~ん!
どうなんだろ!

ちょっと調べてみるね!

次回はオウムの話に
戻ります★

お楽しみに。

チャオ(*´з`)ノ♡
*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

感謝!

↓動くよ↓

アニメ


また来てね★

ラインで読者登録が出来ます!


更新が気になる方は
登録お願いします★


*:・。・:*:・。・:*:・。・:*



 お願いします!

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*
飲み比べセット
だと…!?

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↓↓ストリエも宜しく↓↓

リンクバー

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

ブログの最初のページはこちら

*:・。・:*:・。・:*:・。・:*

↑このページのトップヘ